2009年12月23日

岸川聖也

岸川聖也選手の使用用具の卓球ラケットが変更になっています。

ラケットは、メイスもしくは水谷スペシャルです。
フォアラバーは、テナジー05です。
バックラバーは、テナジー64です。

グリップからはメイスもしくは水谷スペシャルの可能性があります。
メイスはアリレートカーボンで、水谷隼はZLカーボンのラケットです。

岸川聖也選手は、2009年11月の国際試合のイングランドオープンで格上のティモボルや陳杞選手に勝利しています。
準決勝に進み岸川聖也選手は馬琳選手には負けてしまいましたが、今後も期待の日本選手です。

岸川聖也選手の2009年12月の世界ランキングは30位です。
 


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引き以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/



posted by 卓球選手のラケットラバー at 05:00 | 岸川聖也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月21日

ルール

<卓球>中国のメダル独占の回避が狙い?!五輪等への国別出場選手数の制限、決まる―ITTF  12月21日12時4分配信 Record China

2009年12月、国際卓球連盟(ITTF)はコロンビアで執行委員会を開催し、2012年のロンドン五輪以後、五輪及び世界選手権で1国あたりの参加選手数を減らすことを決議した。20日、広州日報が伝えた。

新規定では五輪の参加選手数は1国あたり各種目2名までに限定される。北京五輪で中国は男女シングルスで金・銀・銅メダル独占という快挙を成し遂げたが、新規定では実現できなくなる。
世界選手権は世界ランキング200位までの選手がいれば参加人数を増やすことができるが、最大でも男・女シングルス4人ずつ、男・女・混合ダブルス2組ずつまでに制限される。

「改革といいながら、みなが分かっているとおり、たんに中国代表を規制しようとしているだけ」とは卓球男子中国代表の劉国梁(リウ・グオリャン)監督。同氏を筆頭に中国関係者からは反発の声が強い。(翻訳・編集/KT)

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091221-00000014-rcdc-cn



上記の卓球ルール改正に関わるニュースは、シャララ会長やITTF関係者がヨーロッパ勢にもメダルが取れるようにルール改正したと言われても仕方ないですね。

ルールを変えてしまうなど、こういう姑息かつ卑怯とも思える手は使わないでいただきたいものです。
見ている側としては、参加人数の制限無しにして、スポーツマンシップにのっとり正々堂々と勝負してほしいです。

現在、世界ランキングの男子の上位8人中6人が中国、女子の上位8人中7人が中国です。

オリンピックを開催しても、ランキング50位以内は全員参加ぐらいにしないと、正しい順位の反映とはならないのではないでしょうか。


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引き以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/



posted by 卓球選手のラケットラバー at 15:05 | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazon