2011年08月06日

中国卓球超級リーグ2011

中国卓球超級リーグ2011に、日本の水谷隼選手と吉田海偉選手が参加しました。

世界卓球2011ロッテルダムでは、水谷隼は王皓に 5−11、7−11、5−11、6−11 と0−4で負けてしまいました。
王皓選手が台上技術が上手く、ドライブが高回転のため、水谷隼選手は苦戦し敗退しました。

テナジー05テナジー64の弾道はある程度予測できますが、粘着ラバーは回転性能が高い上にスイングスピードによって弾道が急激に伸びたり沈んだりします。
中国選手の粘着ラバーの球質に慣れるためという意味も含め、日本選手やティモボル選手も中国卓球超級リーグに参加となりました。

中国卓球超級リーグ2011の結果

邱貽可 11−5、11−3、11−10 水谷隼
馬琳 3−11、11−7、11−4、11−2 水谷隼
ハオ帥・徐輝 11−4、3−11、11−7、12−10 水谷隼・王建軍

吉田 11−13、10−12、13−11、8−11 ジャイ一鳴
王皓 11−1、11−10、11−10 吉田海偉
張超 11−9、11−7、11−7 吉田海偉

張継科 11−9、11−7、10−12、11−8 ティモボル
朱世赫 11−9、8−11、11−9、6−11、11−6 ティモボル
ティモボル 12−10、11−9、11−4 陳杞
ティモボル 11−7、11−8、11−6 尚坤
ティモボル 10−12、6−11、11−9、6−11 王皓
ティモボル 7−11、12−10、5−11、11−6、11−6 閻安
ティモボル 8−11、11−8、11−4、7−11、11−6 王建軍
ティモボル 11−9、11−8、16−14 崔慶磊
ティモボル 9−11、11−7、9−11、11−3、12−10 方博

ティモボル選手は、張継科選手と王皓選手などに負けたものの、中国選手に勝ち越しています。

日本選手は、邱貽可(チウ・イカ)や張超(チャン・チャオ)など世界ランキングの上位ではない選手にも負けてしまい、吉田海偉選手は1勝しましたが、世界ランキング8位(2011.8月)の水谷隼選手は一勝もできませんでした。
いかに中国選手が強いか思い知らされる結果となりました。

しかし、中国の卓球人口は1億〜3億人、日本の卓球人口は100万人〜200万人と言われており、日本でトップの水谷選手が勝てないのも無理ありません。

いかに世界ランキングがあてにならないか、という事に気付かされます。

本当の全員参加の世界ランキングがあるとすれば、1位〜30位くらいまで中国選手が占めて、その上位にティモボル選手が入って、30位台〜40位台前後あたりに水谷隼選手や吉田海偉選手がランクされるのかもしれません。
 


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引き以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/



posted by 卓球選手のラケットラバー at 08:32 | 中国卓球超級リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazon