2010年03月21日

ラケット検査失格

プロ卓球選手の尹在榮選手と唐イェ序選手が、ITTFプロツアーのドイツオープン2010で失格となってしまいました。
ラケット検査で失格となってしまったそうです。

尹在榮選手のラケットは、ティモボルZLFのフレアです。
フォアラバーはテナジー05、
バックラバーはテナジー64です。
韓国の左シェーク裏裏の戦型です。
男子世界ランキング34位(2010年01月発表)の卓球選手です。

唐イェ序(唐娜、ダンイェソ、タンイェソ)のラケットは、バタフライ特注合板ラケットです。
フォアラバーはテナジー05、
バックラバーはフレアストーム2です。
韓国の右シェークの異質攻撃型です。
女子世界ランキング17位(2010年01月発表)の卓球選手です。

昨年は、フォア面とバック面にテナジー05を使用したコルベル選手がラケット検査にひっかかり失格となってしまいました。

卓球の公式試合では、ラバーの開封直後の揮発成分やラバーの厚さなど誰にでもラケット検査でひっかかってしまう可能性があるので、予備のスペアラケットは必須です。

テナジーは一回貼るとサイズが縮むので、スピードグルー効果のあるオイルが配合されているのではないかとも言われています。

数日たった未開封のテナジーの透明の袋は、内側がとても油っぽくなりヌルヌルしてきます。

水のりさんなど水溶性接着剤ではとても貼りにくいというのも、油成分が関係しているのかもしれません。

なお、スピードグルー後の接着に適しているファインジップだとテナジーははがれる事なく問題なく貼れます。


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引き以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/



posted by 卓球選手のラケットラバー at 05:03 | ラケット検査失格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazon